各世代別に調査! お洒落なあの人が今年ゲットしたものとは

そろそろ今年も総決算な季節。お洒落なあの人は最近どんなアイテムを買ったのか、さらにこれからどんなモノを狙っているのか? 20代~40代のお洒落上級者たちが今年リアルに選んだアイテムはこれ!

20代:次世代を担うお洒落若人の買い物とは、未来の自分への投資なり

■セプティズ/ECチーフデザイナー・大津寿成さんが買ったもの「ザ・リラクスのモッズコート」

ザ・リラクスモッズ

「毎シーズン楽しみにしているブランドで、今季はミリタリーデザインを踏襲しながらもクリーンな印象のモッズコートを購入。モノトーンコーディネイトや、発色の良い赤を利かせた着こなしが、いまの気分です」

大津さん

●セプティズ/ECチーフデザイナー 大津寿成さん
2015年に入社し、ECチーフデザイナー及び実店舗管理、セールスを担当している。現在、セプティズでは新企画を進行中

■サウナの梅湯の店主・湊三次郎さんが欲しいもの「ミニマライトのレザーウォレット」

レザーウォレット

「ナイロン地を使っていて、ポケットに忍ばせるのに最適なほどにコンパクト。一生これでいいほどに使い勝手が抜群で、追加で外出用にレザータイプも欲しくなりました」

湊さん

●サウナの梅湯/店主 湊三次郎さん
入浴した銭湯は600軒以上という自他共に認める風呂好き。親交のあるアーティストとのコラボイベントなど、銭湯カルチャーを発信する

30代:服はもちろんバイクから器まで、物欲マックス

■オーバーリバー/セールス・PR・畠中将秀さんが買ったもの「パタゴニア マーズのスリングショットジャケット」

パタゴニア

「サバゲー好きとしては本格的な軍ウェアはテンションが上がります。パタゴニアのロゴが付いたマーズの初期型で、軍の特殊部隊のために作られたシロモノ。ベンチレーション機能付きの大容量ポケットも便利です」

畠中さん

●オーバーリバー/セールス・PR 畠中将秀さん
バッグジャック、アクロニウム、クレプスキュール、オーといった実力派ブランドのセールス・PRを担当。休日はサバゲーに勤しむ

■アダム エ ロペ、ワイルド ライフ テーラー バイヤー・関口敦穂さんが欲しいもの「ニコンのD500」

ニコンD500

「アートの一環として、最近は写真にも興味があります。そこでフルサイズのカメラが欲しいなと。スペックの高さと機動力を備えたこれならいい写真が撮れそうです」

関口さん

●アダム エ ロペ、ワイルド ライフ テーラー バイヤー 関口敦穂さん
ショップスタッフとして経験を積み、2014年にバイヤーへ就任。建築や芸術に深い関心を示し、休日は美術館やギャラリー巡りが通例

40代:渋カジ、古着、裏原・・・様々なシーンが渦巻く’90年代を駆け抜けた

■ヴォート メイク ニュークローズ ディレクター・木山明久さんが買ったもの「サカイ×ザ・ノース・フェイスのボンバージャケット」

サカイ

「サカイのコレクション写真を見て、純粋に欲しいなと。海外で先行販売されたタイミングで購入しようと思い、台湾の知り合いに頼んで手に入れました。サカイとノースにしかできないハイブリッド感のあるディテールも好き」

木山さん

●ヴォート メイク ニュークローズ ディレクター 木山明久さん
新たなストリートスタイルを提案するブランド、“ヴォート”のディレクター。最近は日本のカルチャーやモノづくりにも注目しているとか

■ブルーチップ デザイナー・蒼木アキラさんが欲しいもの「オールデンのローファー」

ローファー

「ローファーは革靴のスリッポンと思うくらい手軽に履ける定番アイテムのひとつ。コードバンのカッチリしたモデルもいいですが、カーフスキンの柔らかな表情が好きですね」

蒼木さん

●ブルーチップ デザイナー 蒼木アキラさん
FourGraphicデザイン事務所を主宰し、自身もグラフィックアーティストとして活動中。2009年よりアパレルブランド、ブルーチップを始動

いかがだろう? お洒落上級者たちのアイテムを見て、物欲がムクムクと湧いてきたはず。2017年もあと少し。今年買い忘れたモノはないか、来年買いたいモノはなにか、もう一度見直してみよう!

(出典:『2nd(セカンド)2018年1月号 Vol.130』

(編集:ナカムラ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

No more pages to load

cl24.com.ua

http://baden-medservice.ru

купить сиалис