これだけは覚えておきたい!プロフェッショナルに訊くカジュアルタイの結び方

昨今気になるアメトラスタイル。アメトラの土台といっても過言ではないのが、カジュアルタイだ。品よく、そして華やかに男の首元を演出する1本は、どう選んで、どうつけこなすのが正解なのか。タイメーカー・アイネックスで20年以上商品企画に携わる、並木孝之さんにアレコレ訊いてみた。

まずは、ディテールをおさらいしよう


タイは通常、1枚の生地から斜めに切り取った3枚の布で構成されている。それぞれ、大剣(太い方の剣先)、小剣(細い方の剣先)、中継ぎ(首周り部分)と呼ばれる。ノットは結び目(写真下)で、ディンプルはノットの下のくぼみ。ループは小剣を通してタイを安定させ、バータックは芯地を固定するためのステッチ。

いいタイはを見分ける4つのポイント

1 )縫製の良し悪しを判断するうえで見極めるべきは、大剣から覗く裏地が美しい菱形を描いているか 

2 )芯地を固定してタイの形状を保つバータック。大剣、小剣ともに縫いが丁寧なものを

3 )タイは結ぶたびに生地に負荷がかかる。それを軽減するのが、縫いに遊びを生む糸。たるみ糸とも呼ばれ、ハンドメイドの象徴だ 

4 )型崩れを防ぐ芯地が左右の縁まで入っているかもポイント。触って確かめよう

結び方はプレーンノット一択!



プレーン、ダブル、ウィンザーと多くの結び方が存在するなか、並木さんから嬉しい提案が。

「いまのタイはほとんどが通常の結び方、いわゆるプレーンノットを想定して作られています。ダブルノットなどは、生地が薄くてノットがさまにならない時の、いわば非常用。いいタイを選んで、奇をてらわずにプレーンノットで結ぶ。アメトラにおいては、これが基本です」

ディンプルに立体感を持たせ(写真右)、長さはベルトが少し隠れるくらい(写真左)がベストだ。

1回着けたら、1週間は休ませること


結んでいる状態が長く続けば、それだけ生地にストレスがかかるもの。だからこそ、「最低でも1度着用したタイは、1週間は置いてから着用してほしいです」と並木さん。また、「結ぶとき同様、解くときもゆっくり丁寧に。シュッ!と強引に解くのはダメですよ(笑)」

(出典:『2nd(セカンド)2018年9月vol.138』)
(ライター:河西みのり)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

No more pages to load