ただのバイクメーカーじゃない。DUCATIはエンターテイメント会社だ!

世界中のドゥカティ・ファンが同時に最新モデルに沸く!

毎年11月にイタリア・ミラノで開催されている世界最大級の二輪車ショー「EICMA(通称エイクマ)」。2018年は11月6~11日に開催され、各メーカーは翌年以降に発売する最新モデルをこの会場で世界初披露目した。地元であるドゥカティはパニガーレV4R、ディアベル1260など話題のモデルを、ドゥカティらしい演出による大々的なセレモニーで紹介した。それが、EICMA開催前に行われる「ワールド・プレミア」と名付けられたニューモデル発表会だ。

毎年、EICMA開催直前の日曜日(数年前までは月曜日だった)に、EICMAとは別会場となるミラノ市内の巨大な劇場などを利用し、翌年のニューモデルを発表する。そこではクラウディオ・ドメニカーリCEOがメインプレゼンターとなり、セールス実績やイベント報告、そしてレース報告など、その年のドゥカティの活動が次々と紹介される。その後にニューモデルの発表となるのだが、そこにはMotoGPやスーパーバイク世界選手権を戦うファクトリーチームの監督やライダー、さらにはレジェンドライダーや、ときにはドゥカティと関わりの深い有名人なども登壇し、ニューモデル発表のゲストプレゼンターとなる。そしてその様子は、数週間前からソーシャルメディアなどを使って事前告知され、インターネットのライブ配信によって世界中のドゥカティ・ファンにタイムラグ無しで届けられるのだ。

20181227_1_01

今や一般的となった、プレスカンファレンスのライブ配信だが、それに早くから着手したのがドゥカティだ。その演出の素晴らしさはもちろんのこと、事前事後のキャンペーン規模や関連コンテンツの展開は、他メーカーの追随を許していない。このライブ配信というツールを得たことで、以前はメディア向けに特別に開催されていた事前発表会は、世界中のドゥカティ・ファンにもいち早くニューモデルを紹介する場へと変貌した。これはドゥカティが、誰よりもファンを大切にしているという証拠。ドゥカティはバイクメーカーという枠を超え、人々を楽しませるエンターテイメント・カンパニーに進化しているのだ。

多彩なゲストも「ワールド・プレミア」の魅力

20181227_1_02
(↑)ワールド・プレミアで最後に登場したのがこの「パニガーレV4R」。スーパーバイク世界選手権を戦うファクトリーライダー/チャズ・デービスのライディングでお披露目となった。

20181227_1_03
(↑)EICMA直前に発表されたドゥカティブランドの電動アシストMTB/MIG-RRエンデューロも実車が登場。イタリアのe-MTB企業/Thok Ebikesとのコラボ。

20181227_1_04
(↑)ワールド・プレミア前日の土曜日に開催されたMotoGPマレーシアGP会場からイベント会場にやってきたチーム監督/ジジ・ダッリーニャも登壇。

20181227_1_05
(↑)プレゼンターを務めるのはドゥカティのCEOであるクラウディオ・ドメニカーリ氏。自身も大のバイク好きであり、ドゥカティの顔と言える存在。

ワールド・プレミア会場でのセレモニーの様子は、現在も動画配信されている。華やかなドゥカティの世界をぜひチェックして欲しい!
URL:

(『DUCATI Magazine』編集部)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

No more pages to load