ポイントはお尻! ダウンブローで打てる腰の使い方!

手打ちは厳禁、しっかり体を回して打たないと! そこまでは良いのだが、肝心の「回し方」を正しく理解しているアマチュアゴルファーは少ない。特に腰が回らずにスライドしてしまうケースが多い。 腰をうまく回すポイントは「お尻の使い方」にあると、多数のアマチュアゴルファーを指導する工藤広治氏は言う。今回は正しい腰の回し方と、動きが身につく練習法を紹介しよう。

腰が正しく回せていないと腰が前に出て、フェースが開いてしまう

腰が正しく回せていないと1jpg
腰が正しく回せていないと2jpg

1、腰が正しく回せないと、トップで右サイドにしっかり体重をのせられず、パワーもたまらない。
2、左サイドへの体重移動を意識しすぎると、腰がスライドして、コックも早くほどけてしまう。
3、腰が前に出て手元も浮いてしまうため、手前からヘッドが入って、インパクトでフェースが開く。
4、フェースターンができず、フォローで左ヒジが引けて右手が左手よりも下になってしまう。

切り返しからダウンスイングにかけては、下半身リードや腰を切るという動きを意識している人が多い。それ自体は間違いではないが、下半身を動かすことに意識が集中すると、腰が前に出て、手元のポジションが高くなってしまう。

フェースが開くとスライスの原因に

フェースが開くとスライスの原因にjpg

フェースが開くとクラブの最下点がボールの手前になりやすい。飛ばないし、スライスの原因にもなる。

フェースが開くとスライスの原因に2jpg

ダウンブローの正しいインパクトは、クラブの最下点がボールよりも先になる。だからターフが取れるのだ。

では、ダウンブローのインパクトで打てる腰の使い方について解説しよう。

腰をスムーズに回すにはお尻を回すことを意識しよう!

腰をスムーズに回すにはお尻をjpg
腰をスムーズに回すにはお尻を2jpg

1、左肩を下げながら、右にお尻を回してクラブを上げることで正しいトップを作ることができる。
2、腕力でクラブを振るのではなく、左の尻を回し、右肩を下げることでクラブを下ろしていく。
3、前傾姿勢を崩さないためには、インパクトでビハインド・ザ・ボールの意識をもつことも重要だ。
4、右腕が伸びた大きなフォロー。手元のポジションが低いままでクラブを振り抜いている。

スイング中は、お尻を回すことを意識すると腰がスムーズに回り、前傾姿勢もキープしやすくなる。バックスイングでは右のお尻を後ろに引くように回し、切り返しからダウンスイングでは左のお尻を引くように回すのだ。

ポイントは、自分の後ろに壁があると想定して、お尻が触れるようにアドレスしたら、スイング中は常にお尻が壁に触れているイメージで振ること。そうすれば腕の通り道ができるので、手元を低い位置にキープすることができる。

腰をスムーズに回すには3jpg

バックスイングでは左の肩甲骨を右の股関節に近づけるように、切り返しからダウンスイングでは右の肩甲骨を左の股関節に近づけるように体を動かすイメージをもつのも良い。

沈み込みドリルで正しいダウンスイングを体感しよう!

沈み込みドリルjpg

正しいダウンスイングを体感するのに効果的なのが、こちらのドリル。左手でクラブを杖のように持ったら、その姿勢をキープしたまま、右手一本で持ったクラブを振るのだ。ポイントは、右肩を左腕の下に潜り込ませるように低い姿勢で振ること。この時に腰が前に出たり、右肩が前に出たりすると、クラブをスムーズに振り抜くことができないのですぐに分かる。

●工藤広治(解説)
ラウンドレッスンを中心に多数のアマチュアを指導するティーチングプロ。上達のヒントが詰まったブログ「ゴルフ諸行無常」も好評だ。

(出典:『EVEN 2018年9月号』、写真:藤井孝太郎)

(ヤマダタケシ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

No more pages to load

ua-flowers.com/flower-delivery-belek