あえてボールを打たない! 美人コーチが教えるバンカーショット上達法

多くのアマチュアゴルファーを悩ますバンカーショット、どうかして上手くなりたい、そう思ってる方も多いのではないだろうか? 「バンカーショットが上手くなりたい! いい練習法はないの?」と言ったゴルファーの声に応えるべく有名美人コーチの高橋友希子プロが『ボールを打たない練習法』を教えてくれたので紹介しよう。

砂の感覚に早く慣れることが上達への近道

砂の感覚に慣れるjpg

バンカーショットに自信をつけるには、やはり砂の上で練習するのが一番。バンカー練習場が近所にあれば足を運ぶことを勧めるし、バンカー練習場のあるコースも多いので、スタート前に打っておくのも良い。実際にボールを打つのも良いが、クラブヘッドを正確に打ち込めているか、砂を取る量が適切かどうかをチェックするには、ボールを打たない練習が効果的なのだ。

では、一体ボールを打たない練習法とはどんなものなのか?

【練習1】砂に縦の線を引いてヘッドを正確に落としてみよう

ボールを打たない練習法1jpg

【○】縦に引いた線をまたいでアドレスし、線上めがけてクラブヘッドを打ち込む。線の左側の砂を飛ばすのだ。
【×】線よりも右側の砂を飛ばすのはミスしている証拠だ。

この練習は、クラブヘッドを狙った位置に正確に落とすことが目的で、線の手前奥に入ってしまうのはNGなのだ。

【練習2】丸を書いて砂を取る量をコントロールしてみよう

ボールを打たない練習法2-1jpg

直径10センチくらいの円を砂の上に書き込む。ボールを置かずに砂の上を打ち、円から出た砂の量を調べてみよう。この練習は砂を薄く取るのがコツだ。

ボールを打たない練習法2jpg

慣れてきたら、丸の砂を取った後、もう一度円を書いて真ん中にボールを置いて打ってみよう。砂を取る量が一定してくると、バンカーショットの距離感が安定する。

おわかりいただけただろうか? 今回紹介した2つの練習法はとても簡単で、すぐにでも取り入れられるものばかりだ。アマチュアゴルファーを悩ますバンカーショットの上達にぜひ活用してほしい。

●高橋 友希子プロ
埼玉県出身。関東ジュニア優勝、世界ジュニア2位などの実績をもつ。レッスンを受けたい方は、千葉県の市川駅前ゴルフスクールや東京・日比谷のドライビングレンジ日比谷へ。

(出典:『ミスに効くゴルフ処方箋』、写真/山上忠 取材・文/三代崇)

(ヤマダタケシ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

No more pages to load