スコアアップへの近道! 美人コーチが教えるパットの極意

ドライバーやアイアンなどのショットが上手くいっても、パットをミスしてしまい、せっかくのナイスショットを台無しにしてしまった、そんな経験はどんなゴルファーでもあるはずだ。パットミスの原因の約8割がアドレスの間違いにある、と高橋友希子プロは言う。今回はパットミスを無くすための練習法を教えてくれた。どれもパットの極意とも言えるものばかりだ。早速紹介してみよう。

【練習1】ボールの位置を常にチェックしてみよう!

練習1-1jpg

ボールの位置は眉間の真下が基本
ボールの位置が前後左右にずれていないかどうかは、眉間からボールを落とすと簡単にチェックできる。

練習1-2jpg

フェースの芯でボールを正確にヒットするには、ボールを『体の中心の前=眉間の真下』にセットするのがベスト。その位置ならフェースをスクエアに戻しやすい。

【練習2】ボールと体の適切な感覚をチェックしてみよう!

練習2-1jpg

練習2-2jpg

【○】ボールと体の適切な間隔が保たれていれば、左ヒジから先とパターがほぼ一直線となる。
【×】ボールの位置が右や左にずれているとストロークの軌道もずれて、カップインの確率が低下してしまう。

【練習3】輪ゴムを利用してフェースの芯に当てる感覚を掴もう!

練習3jpg

2本の輪ゴムを利用して芯で打つ感覚を養う
フェースの芯を外すと転がりが鈍り、距離感と方向性に誤差が生じる。フェースの芯で確実にヒットする感覚を養うには、フェースの芯を挟んで約3センチ間隔で2本の輪ゴムをヘッドに巻きつけよう。

(写真・左)ボールが輪ゴムに触れると転がりがスムーズにいかないのでミスヒットがすぐにわかる。
(写真・右)インパクトの打感を確かめながら練習しよう。

【練習4】ティペグ2本を使ってフェースをまっすぐに出そう!

練習4jpg

ティペグを2本刺してフェース向きをチェック
フェース面をカップに向けて正しくヒットする練習で、特にショートパットに効果的。ストレートラインを選び、フェースをカップにまっすぐ合わせてから、フェース面と平行となるように2本のティペグを刺す。フェース面をスクエアに戻す意識でインパクトしよう。

(写真・左)フェース面を2本のティペグに合わせて構え、フェースをスクエアに戻して打つ。
(写真・右)カップに対してストレートラインになる場所を選んで練習しよう。

いかがだろうか? パットのレベルアップはスコアアップの近道とも言える。スタート前の練習などにぜひ取り入れて欲しい。

●高橋 友希子プロ
埼玉県出身。関東ジュニア優勝、世界ジュニア2位などの実績をもつ。レッスンを受けたい方は、千葉県の市川駅前ゴルフスクールや東京・日比谷のドライビングレンジ日比谷へ。

(出典:『ミスに効くゴルフ処方箋』、写真/山上忠 取材・文/三代崇)

(ヤマダタケシ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

No more pages to load