アップル2日連続で新製品発表! 今度は新型iMac!

iPad 2機種追加に続き、iMacをリニューアル

アップルが、2日連続で新製品を発表してきた。こんどはiMacだ。

現在iMacには、21.5インチのモデルと、27インチのモデルが存在するが、どちらも大幅に性能が向上した。

2モデルとも大幅にプロセッサ性能を向上

iPhoneを使っている人の、初めての家庭用Macに相応しい21.5インチのiMacの4Kモデルは、パーソナルな利用にピッタリのサイズ。Coffee Lake-sと呼ばれる第8世代のクアッド(4)コア、もしくは初めて6コアのインテルCoreプロセッサを搭載し、最大60%高速な処理能力を得ている。GPUには、Radeon Pro Vegaグラフィックスを選択可能になり、最大80%高速なグラフィック性能を得ている。

ポータブルMacでは不可能な広大な画面領域と、高速な処理を比較的リーズナブルに獲得可能な27インチモデルは、初めて第9世代のCoffee Lake-sと呼ばれるインテルCoreプロセッサーを搭載。こちらもRadeon Pro Vegaグラフィックスを選択可能になり、最大50%高速なグラフィック性能を獲得している。

20190319_3_iMac02

21.5インチ4Kモデルは14万2800円(税別)~、27インチの5Kモデルは19万8800円(税別)~の価格設定となっている。

生活を一新するパフォーマンス

歴代のiMacは、常にそうだったが、ほとんど画面しか存在しないようなデザインは最新モデルも生活の中にしっくりとフィットし、しかもまるでアート作品のように美しい個性を主張するデザインも特徴的だ。

さまざまなコンフィグレーションから選択することができ、iPhoneユーザーの初めてのMacに相応しいリーズナブルで、扱いやすい性能のモデルから、オフィスでビジネスをこなすのに相応しいモデル、アーティストが作品を作ったり、映像、音楽、メディアのプロフェッショナルが、高度で繊細な処理をするのに相応しいハイパフォーマンスなモデルまでが存在する。

20190319_3_iMac03

家庭や、店舗にフィットするコンパクトな21.5インチディスプレイ

家庭に置いて、映画を楽しんだり、家族がiPhoneで撮影した写真をシームレスに取り込んだり、子供がさまざまな調べモノに使ったり、プログラミングを勉強して、iPhoneのアプリを開発するようなことにさえ使える。

4Kの21.5インチディスプレイの一番リーズナブルなモデルは14万2800円(税別)、3.6GHzの第8世代クアッドコア Intel Core i3プロセッサを搭載し、8GBの2,666MHz DDR4メモリー、1TBのハードドライブを組み合わせる。

20190319_3_iMac04

すべての生活を一新する広大な5Kのディスプレイ

家庭においても、職場においても、誰もが目を奪われるような美しい広大な作業領域を持つiMac 27インチモデルは、14.7メガピクセル、500ニトの輝度、P3カラーを持ち、10億色以上をサポートし、あらゆる活動を快適にこなすことができる。

プロフェッショナルならさらにもう一台の5Kディスプレイ、もしくは2台の4Kディスプレイを接続し、視界を覆うような広大な作業領域で仕事をすることもできる。

この5Kディスプレイを搭載するもっともリーズナブルなモデルは19万8800円(税別)で、3.0GHzの第8世代の、クアッドコアIntel Core i5プロセッサを搭載し、8GBの2,666MHz DDR4メモリー、1TBのフュージョンドライブを組み合わせている。ここから必要に応じて、最大3.6GHz6コア第9世代の Intel Core i9(turbo boost時5.0GzHz)、64GBのメモリー、2TBのSSD、Radeon Pro Vega 48などの選択が可能だ。

20190319_3_iMac05

来週に噂されるアップルの新しいエンターテイメントサービスの公開に先立って、iPadのみならず、iMacのラインナップも一新してきたというわけだ。アップルの力の入れ方が察される。

(出典:『flick! digital (フリック!デジタル) 2019年5月号 Vol.90』

(村上タクタ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

No more pages to load