ゴルフ初心者必見! グリップの握り方をマスターしよう

初心者ゴルファーにとってクラブという道具を使い、地面の上にあるボールを打つ。これを実際にやってみるとかなり難しいことに驚かれることが多い。その原因は「クラブを正しく持てていないから」だとスイングコーチの関浩太郎氏は言う。今回は初心者向けに「右手」「左手」に分けてクラブの持ち方を解説してくれた。

【左手編:1】細い棒を持つように指で握る感覚を養おう!

左手1jpg

【○】シャフトの部分を左手で握ってみると、グリップの基本形が自然にできる。
【×】手のひらの部分で握ると、左手グリップが安定しない。

手のひらで持たずに、指で持つようにすること。特に小指、薬指、中指の3本は、指の部分でしっかりと強めに握っておき、クラブを振る時も握りの強さを変えないようにしよう。

左手は細い棒を持つように指で握る感覚が大切なのだ。

【左手編:2】軽く上下に振ってみよう

左手2jpg

【○】左手でクラブを持ち、上下に振ってみよう。この動きが腕の縦振りの基本動作となる。
【×】スイング中にスイング中に左右に回すと、フェースの向きが変わってしまう。

左腕は少しV字を描くだけで縦方向にしか動かさない。左腕を左右に回転させるのは間違った動きなのだ。

【右手編:1】右手をソフトに握ればスナップを利かせやすい

右手1jpg

右手は柔らかめに握ろう。左手の握りの強さを10とすれば、右手は2くらいで十分。軽く握手するくらいの力加減でOKだ。

【右手編:2】ボールを指先で持てばイメージしやすい

右手2jpg

【○】ボールを指先で持てば手首が柔らかく使えて、スナップを利かせやすい。
【×】手のひらでボールを持つと手首が硬くなり、スナップを利かせられない。

野球のピッチャーのように右腕の全体を柔軟に使って振るためにも、右手の指の部分でグリップをできるだけソフトに握ろう。実際にボールを指先で持てばスナップの感覚がつかめる。

きれいなグリップを作ってみよう!

綺麗なグリップjpg

【左手】甲をやや上に向けて握る。親指と人差し指の付け根のV字は右肩を指す。
【右手】手のひらは左手甲と同じ向き。親指と人差し指の付け根のV字が右肩を指す。

これが基本の握り方!『オーバーラッピンググリップ』

オーバーラッピンググリップjpg2

【○】両手をなるべく詰めて握るとグリップが安定する。
【×】両手に隙間があると、グリップが見えてしまう。

右手の小指を左手の人差し指と中指の間に乗せて握る『オーバーラッピンググリップ』が基本的な握り方だ。慣れるまでグリップを作る練習を繰り返してみよう。

グリップの基本をマスターすることは、スイング上達の絶対要素だと関コーチは言う。是非チャレンジしてみてほしい。

●関 浩太郎
主宰する東京・目黒の「SEKI GOLFCLUB目黒」でスイングコーチ、フィッター、クラフトマンとして活躍。雑誌やWEBなどゴルフメディアにも多数出演している。

(出典:『大人のゴルフの”無理しない”始め方』

(ヤマダタケシ)

SHARE

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

EVEN TOPへ

No more pages to load

離婚したくない

http://baden-medservice.ru

http://www.baden-medservice.ru/