今シーズンの「インシュレーション」はどれが買い? 5人の山のプロが教えます!

技術革新が目覚ましい登山・アウトドア用品の中でも、インシュレーションウェアは最もホットなカテゴリー。もはやフリースに代わるミドルレイヤーの定番になりつつあるだけに、自分にとってベストな1着を選びたいところだが、これがなかなか悩ましい。今季、本当に買うべきアイテムとは? 5人のアウトドアショップスタッフにお聞きした。

(上写真・左から吉野時男さん/ヨシキ&P2、高橋典孝さん/さかいやスポーツ、天野和明さん/Mt.石井スポーツ、平野応典さん/山の店デナリ、土屋智哉さん/ハイカーズデポ)

最新の中綿素材を使用した進化版ビレイパーカ「パタゴニア/メンズ・マイクロ・パフ・ストーム・ジャケット」

ダウン並みの保温性とコンパクトさを実現した化繊素材「プルマフィル・インサレーション」採用のフード付きジャケット。パタゴニアオリジナルの防水透湿素材H2No採用で濡れ対策も◎。「アイスクライミングのビレイで濡れても安心できます。アックスやスクリューで引っかけても中綿が出にくいのも重要な安心材料」と「山の店デナリ」店主の平野応典さんも高評価。

20181025_3_01 【DATA】
価格:6万3000円
素材:プルマフィル・インサレーション+H2Noシェル
サイズ:XS~XL
カラー:ファイヤー、他1色
重量:530g

〇平野応典さん
東京・四ッ谷にある「山の店デナリ」の名物店主。デナリは山岳ガイドご用達のショップ。ギアのカスタムでも知られており、平野さんはどんな加工や修理もこなしてしまう腕前。

極厚のダウンジャケットを寝袋代わりに使用「マウンテンハードウェア/アブソルートゼロパーカ」

極地遠征や高所登山用に開発されたダウンジャケットだけに、保温性は同ブランド最高クラス。撥水ダウンにドライQ防水採用で、濡れや湿気にも強さを誇る。「雪山登山に持っていくには厚すぎるジャケットなのですが、これを寝袋代わりにすれば合理的かと思うのでピックアップしてみました」と「ヨシキ&P2」スタッフの吉野時男さん。「アイスクライミングのビレイパーカとしても、暖かさは申し分ないです」

20181025_3_02 【DATA】
価格:8万9000円
素材:800FP撥水ダウン+リップストップナイロン
サイズ:S~L
カラー:ステートオレンジ、他1色
重量:1,280g

〇吉野時男さん
千葉県を代表する山道具店のひとつ「ヨシキ&P2」スタッフ。仕事とプライベートを合わせて、1年の3分の1は山に入る毎日。バリエーション系の登山と山岳スキーが好み。

ウルトラライトの基本形というべきシンプルデザイン「モンテイン/スターライトプルオン」

15デニールの極薄生地に撥水ダウンを封入したプルオーバースタイルの軽量インナーダウン。驚くほどコンパクトに収納できるのは、フードを省略したデザインだからこそ。「ハイカーズデポ」店主の土屋智哉さんも「これがもっとも合理的な形ということなのでしょう。UL的には見過ごせないインシュレーション」と、その潔いほどのシンプルさを称えている。

20181025_3_03 【DATA】
価格:2万4000円
素材:撥水ダウン+フェザーライトXV
サイズ:S~L
カラー:ファイアーフライオレンジ、他2色
重量:239g

〇土屋智哉さん
東京・三鷹のウルトラライトハイキング専門店「ハイカーズデポ」店主。著書に『ウルトラライトハイキング』(山と溪谷社)があり、日本のウルトラライト伝道師的な存在。

コンパクトダウンジャケットの絶対定番「ウエスタンマウンテニアリング/フライトジャケット」

ダウンの品質の高さに定評があるウエスタンマウンテニアリングのコンパクトダウンジャケット。定番モノだが、850+フィルパワーという数字以上の暖かさと抜群の軽さに誰もが納得するアイテムだ。「ジャンルを問わずに使える範囲が広く、秋冬の山では出番が多い。ひとつ持っていると絶対便利です」と「さかいやスポーツ」ウエア部門責任者の高橋典孝さんも大絶賛。

20181025_3_04 【DATA】
価格:4万円
素材:850+FPダウン+マイクロドットリップストップポリエステル
サイズ:XS~XL
カラー:ブラック、他1色
重量:310g

〇高橋典孝さん
東京・神保町の「さかいやスポーツ」ウエア部門責任者。山はなんでもやるが、最近はトレラン、ファストパッキング、テンカラ釣りに熱中。店は都内でも屈指の品揃えを誇る。

保温着としても行動着としても使える一着「ブラックダイヤモンド/メンズファーストライトハイブリッドフーディー」

同社「ファーストライトフーディー」の背面にメリノウールブレンド素材を配したジャケット。シンプルな見た目ながら凝った作りで、通気性と動きやすさを向上させている。「保温着だけでなく、行動着としても使えます。すっきりとして無駄のないデザインは、さすがクライミングブランドだなという感じ」と「Mt.石井スポーツ」勤務の天野和明さんも惚れ込む1着。

20181025_3_05 【DATA】
価格:2万5900円
素材:プリマロフトシルバー+ブレンドメリノウール+ショーラーストレッチナイロン
サイズ:S~XL
カラー:フォレスト、他3色
重量:515g

〇天野和明さん
東京・神保町にあるMt.石井スポーツ勤務。石井スポーツ登山学校の校長を務め、近ごろは店頭より山にいる時間のほうが長い。世界的に知られたアルパインクライマーでもある。

インナーに最適な保温性の高いもの、アウターとしても着られる動きやすいものなど、用途や場面によって求めるインシュレーションは違ってくる。山のプロたちのウエア選びをお手本に、自分にぴったりのアイテムを手に入れて、冬山登山をより快適に楽しもう。

(出典:『PEAKS 2018年11月号』
(エイサイト編集部/ヨシダ)

SHARE

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

  • line
  • はてなブックマーク

PEAKS TOPへ

No more pages to load